2021.05.17 HEALTHCARE

こどもの視力発達とメガネ

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は0.01くらいしかありませんが、成長するにつれて、視力が徐々に上がっていきます。生後3ヵ月頃には0.1くらい、生後6ヶ月頃では0.2くらい見えるようになると言われています。さらに3歳頃になると0.6から0.9、そして5歳頃には、1.0程度の視力が出るのが一般的です。

また、3歳から5歳くらいまでの期間に、モノを「くっきり見る」ということによって視力は発達すると言われています。もしこの期間に、遠視や乱視などを矯正せず、モノをくっきり見ることができないままでいると、色を判別することや、両眼できちんと見ることができず、視力が発達しにくくなります。このため、こどもが遠視や乱視をもっている場合、メガネをかけて矯正することが大切です。

こどもはメガネをかけることを嫌がる場合もありますが、こどもにとってのメガネは、視力の発達に関わる大切な道具です。

気に入ったデザインのフレームが見つかっても、それがこどもの顔にぴったりと合ったサイズでなければ、快適に装用することはできません。また、こどもは動き回ることが多いため、メガネがずれてしまうことも多いです。メガネがずれるとレンズの中心から視線が外れ、正確な矯正ができなくなってしまいます。ぜひメガネ屋さんにご相談いただきながら、ぴったり合うメガネを選んでください。