2017.09.01 LIFESTYLE

高齢者ドライバーにおすすめの遠近両用メガネとは?

高齢者ドライバーによる事故のニュースが増えています。
店頭でも「自信が無くなって来たから、運転免許を返納しようと考えている」というような声も多く聞かれるようになっています。
今回は、高齢者ドライバーの方にお奨めしたい遠近両用について提案させて頂きます。

普段の遠近両用メガネは運転には不向き?

まず、大切なポイントは普段使用している遠近両用とは別に外用の遠近両用を用意することです。
普段使用している遠近両用は、手元距離での読書も可能なように老眼度数が強めに入っているはずです。
これを「加入度」と言いますが、強い加入度が「斜め視線をするとかすむ」「足元が見えにくい」などの元凶となります。
そこで「大人の外用メガネ」となるわけです。
考えてみて下さい。屋外で新聞サイズの文字を見ることは殆どないはずです。
それならば、違和感、かすみの元凶である老眼加入度を大幅に下げても問題はたいして発生しません。お買物でのプライス程度なら、少し話して見ればOKです。
これによって大幅にワイドな視野、足元の違和感軽減が得られることになります。
見え方感としては40代中盤に若返れるわけですから…。
階段を降りる時などにも抜群の効果が期待出来ます。

普段使いとは別の「外用の遠近両用」を用意しましょう。

ドライバーに最適な「大人の外メガネ」は、以下のようになります。
・還暦以上の方に、特にお奨めです
・老眼加入度は、普段用が2.50D程度であれば半分の1.25D程度に下げます
・有害光線対策も含めてカラ―レンズや色の変化する調光レンズもお奨めです
・ちなみに屋内では「大人の家メガネ」として中近両用にするとさらに快適になれます。

ご予算的には、いくらでも相談可能となります。
要は、検査や度数調整のさじ加減という腕前次第の話ですので、お安く作ろうと思えば値段の安いレンズ付きセットを利用してカスタムすれば可能となるわけですから。
メガネ選びはお店選びとも言われます。
信頼できるメガネ店で、納得のいくメガネをつくりましょう。